JILLSTUART(ジルスチュアート)の評判は?どこの国の会社?HPはある?

各ショッピングサイトで人気の「JILLSTUART(ジルスチュアート)」の商品を購入する際に、

・メーカーの評判は良いの?悪いの?

・どこの国の会社が運営してるの?

・安心して買い物できる?

と不安になることもあります。 そこで、このページでは、「JILLSTUART(ジルスチュアート)」についてまとめました。 ぜひ参考にしてください。

調査商品数

21

メーカーレビュー

4.5

ホームページ

有(>クリック<)

どこの国?

アメリカ

+:2023/10/17 ↗︎:2024/06/16

結論からいうと、現時点で調査している範囲では、

このメーカーはオススメできるメーカーです。(A推し)

このメーカーの商品を検索!お得に購入しよう!


※この記事は商品広告を含みますが、約20,000商品・450メーカーの情報をインターネット調査しているCloudSEが、忖度なしで分析・評価を行っています。

JILLSTUART(ジルスチュアート)の所在地等の基本情報

JILLSTUART(ジルスチュアート)はどこの国のメーカーか調査

JILLSTUART(ジルスチュアート)はアメリカの会社です。

JILLSTUART(ジルスチュアート)のホームページを確認

JILLSTUART(ジルスチュアート)のホームページが見つかりました。

JILLSTUART(ジルスチュアート)は独自のホームページを持っており、ネット上での活動がされていることが確認できました。

JILLSTUART(ジルスチュアート)の評価は高評価

JILLSTUART(ジルスチュアート)の21商品を調査しました。

JILLSTUART(ジルスチュアート)のレビューが確認できた商品の平均レビューは4.5です。

JILLSTUART(ジルスチュアート)のレビューを見る限り、評判が良さそうであることが確認できます。


JILLSTUART(ジルスチュアート)の商品のコスパ分布図

JILLSTUART(ジルスチュアート)の商品のコストパフォーマンス(価格とレビュー評価)を分布図にプロットしました。

JILLSTUART(ジルスチュアート)の商品は価格によって評価が分散するのか、関係なく一定のパフォーマンスを発揮するのかを分析します。

Loading...

※調査を行った商品のみプロットされています。

JILLSTUART(ジルスチュアート)の商品カテゴリ構成図

JILLSTUART(ジルスチュアート)はどのカテゴリーの商品を多く手がけているのか調査します。

そのメーカーの得意なカテゴリーが判断できます。

Loading...

ビューティーが商品調査数が最も多いカテゴリーです。

ビューティーの商品を最も得意としているようです。

※調査を行った商品のカテゴリーのみが集計されています。

JILLSTUART(ジルスチュアート)をAI分析

JILLSTUART(ジルスチュアート) 〜

このメーカーのレビュー平均値は、 4.5 です。信頼できるメーカーだと思います。

このメーカーの21アイテムを調査しています。

メーカー分析(JILLSTUART(ジルスチュアート))

ジル・スチュアート(JILLSTUART)は、1965年にアメリカ合衆国ニューヨークで生まれたファッションデザイナーであり、同名のファッションブランドを展開しています。

彼女はファッション業界で活動する家族に育ち、10代の頃からジュエリーやハンドバッグのデザインを始めました。

15歳で最初のコレクションを販売し、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインで学んだ後、1993年にニューヨークコレクションで正式にデビューしました。

ジル・スチュアートのデザインは、女性らしさと美しさを意識した繊細な立体感を持つラインが特徴で、刺繍やフリルをアクセントに使用しています。

日本ではサンエー・インターナショナル系列に属し、姉妹ブランドとして「ジル・バイ・ジルスチュアート」(JILL by JILLSTUART)や子供服ラインを展開。

また、コスメや香水商品はコーセーがライセンスを受けて展開しており、日本の20代を中心とする女性からの支持が高いです。


商品カテゴリとラインナップ

カテゴリ一覧

最新レビュー商品紹介

まとめ

結論としては、現時点で調査している範囲では、

このメーカーはオススメできるメーカーです。(A推し)

JILLSTUART(ジルスチュアート)はアメリカの会社で、

独自のホームページを持っており、ネット上での活動がされていることが確認できました。

あなたのお買い物体験の参考になったら嬉しいです。


この記事を書いた人

CloudSEは、SIer→社内SE→フリーランスと転職を繰り返してきたシステムエンジニアです。

小売や流通系のシステムを開発運用した経験から、メーカー情報や商品の情報、ECサイトでのレビューを分析しています。

約20,000商品・450メーカーの情報をインターネット調査しているCloudSEが、忖度なしで分析・評価を行っています。