グリーンパン(Greenpan)の評判は?どこの国の会社?HPはある?

各ショッピングサイトで人気の「グリーンパン(Greenpan)」の商品を購入する際に、

・メーカーの評判は良いの?悪いの?

・どこの国の会社が運営してるの?

・安心して買い物できる?

と不安になることもあります。 そこで、このページでは、「グリーンパン(Greenpan)」についてまとめました。 ぜひ参考にしてください。

調査商品数

9

メーカーレビュー

4.3

ホームページ

有(>クリック<)

どこの国?

ベルギー

+:2019/05/23 ↗︎:2024/06/16

結論からいうと、現時点で調査している範囲では、

このメーカーはオススメできるメーカーですが、十分な商品数を確認できていないので注意してください。(B推し)

このメーカーの欲しい商品をお得に購入する方法を確認しよう。


※この記事は商品広告を含みますが、約20,000商品・450メーカーの情報をインターネット調査しているCloudSEが、忖度なしで分析・評価を行っています。

グリーンパン(Greenpan)の所在地等の基本情報

グリーンパン(Greenpan)はどこの国のメーカーか調査

グリーンパン(Greenpan)はベルギーの会社です。

グリーンパン(Greenpan)のホームページを確認

グリーンパン(Greenpan)のホームページが見つかりました。

グリーンパン(Greenpan)は独自のホームページを持っており、ネット上での活動がされていることが確認できました。

グリーンパン(Greenpan)の評価は高評価

グリーンパン(Greenpan)の9商品を調査しました。

グリーンパン(Greenpan)のレビューが確認できた商品の平均レビューは4.3です。

グリーンパン(Greenpan)のレビューを見る限り、評判が良さそうであることが確認できます。


グリーンパン(Greenpan)の商品のコスパ分布図

グリーンパン(Greenpan)の商品のコストパフォーマンス(価格とレビュー評価)を分布図にプロットしました。

グリーンパン(Greenpan)の商品は価格によって評価が分散するのか、関係なく一定のパフォーマンスを発揮するのかを分析します。

Loading...

※調査を行った商品のみプロットされています。

グリーンパン(Greenpan)の商品カテゴリ構成図

グリーンパン(Greenpan)はどのカテゴリーの商品を多く手がけているのか調査します。

そのメーカーの得意なカテゴリーが判断できます。

Loading...

ホーム&キッチンが商品調査数が最も多いカテゴリーです。

ホーム&キッチンの商品を最も得意としているようです。

※調査を行った商品のカテゴリーのみが集計されています。

グリーンパン(Greenpan)をAI分析

グリーンパン(Greenpan) 〜

このメーカーのレビュー平均値は、 4.3 です。信頼できるメーカーだと思います。

このメーカーの9アイテムを調査しています。

メーカー分析(グリーンパン(Greenpan))

グリーンパン(Greenpan)は、有害物質を使用しないセラミック・コーティングのフライパンを製造することで知られるメーカーです。

グリーンパンはベルギーのブランドで、2007年にベルギー人のJan HelskensとWim De Veirmanによって設立されました。

彼らはフッ素樹脂コーティングの危険性に注目し、代替となる安全なコーティングの開発に取り組みました。

その結果、特許取得のセラミック・ノンスティックコーティング「Thermolon™(サーモロン)」を開発しました。

製品は中国にある自社工場で製造されており、ISO認証やSGSの最高レベルを受賞するなど、品質と環境基準を満たしていることが特徴です。


商品カテゴリとラインナップ

カテゴリ一覧

最新レビュー商品紹介

まとめ

結論としては、現時点で調査している範囲では、

このメーカーはオススメできるメーカーですが、十分な商品数を確認できていないので注意してください。(B推し)

グリーンパン(Greenpan)はベルギーの会社で、

独自のホームページを持っており、ネット上での活動がされていることが確認できました。

あなたのお買い物体験の参考になったら嬉しいです。


この記事を書いた人

CloudSEは、SIer→社内SE→フリーランスと転職を繰り返してきたシステムエンジニアです。

小売や流通系のシステムを開発運用した経験から、メーカー情報や商品の情報、ECサイトでのレビューを分析しています。

約20,000商品・450メーカーの情報をインターネット調査しているCloudSEが、忖度なしで分析・評価を行っています。