スリーエム(3M)の評判は?どこの国の会社?HPはある?

各ショッピングサイトで人気の「スリーエム(3M)」の商品を購入する際に、

・メーカーの評判は良いの?悪いの?

・どこの国の会社が運営してるの?

・安心して買い物できる?

と不安になることもあります。 そこで、このページでは、「スリーエム(3M)」についてまとめました。 ぜひ参考にしてください。

調査商品数

6

メーカーレビュー

4.3

ホームページ

有(>クリック<)

どこの国?

アメリカ

+:2019/08/06 ↗︎:2024/06/21

結論からいうと、現時点で調査している範囲では、

このメーカーは期待できるメーカーです。(B推し)

このメーカーの商品を検索!お得に購入しよう!


※この記事は商品広告を含みますが、約20,000商品・450メーカーの情報をインターネット調査しているCloudSEが、忖度なしで分析・評価を行っています。

スリーエム(3M)の所在地等の基本情報

スリーエム(3M)はどこの国のメーカーか調査

スリーエム(3M)はアメリカの会社です。

スリーエム(3M)のホームページを確認

スリーエム(3M)のホームページが見つかりました。

スリーエム(3M)は独自のホームページを持っており、ネット上での活動がされていることが確認できました。

スリーエム(3M)の評価は高評価

スリーエム(3M)の6商品を調査しました。

スリーエム(3M)のレビューが確認できた商品の平均レビューは4.3です。

スリーエム(3M)のレビューを見る限り、評判が良さそうであることが確認できます。


スリーエム(3M)の商品のコスパ分布図

スリーエム(3M)の商品のコストパフォーマンス(価格とレビュー評価)を分布図にプロットしました。

スリーエム(3M)の商品は価格によって評価が分散するのか、関係なく一定のパフォーマンスを発揮するのかを分析します。

Loading...

※調査を行った商品のみプロットされています。

スリーエム(3M)の商品カテゴリ構成図

スリーエム(3M)はどのカテゴリーの商品を多く手がけているのか調査します。

そのメーカーの得意なカテゴリーが判断できます。

Loading...

文房具・オフィス用品が商品調査数が最も多いカテゴリーです。

文房具・オフィス用品の商品を最も得意としているようです。

※調査を行った商品のカテゴリーのみが集計されています。

スリーエム(3M)をAI分析

スリーエム(3M) 〜

このメーカーのレビュー平均値は、 4.3 です。信頼できるメーカーだと思います。

このメーカーの6アイテムを調査しています。

メーカー分析(スリーエム(3M))

スリーエム(3M)は、アメリカ合衆国に本社を置く世界的な化学・電気素材メーカーで、日本法人としてスリーエムジャパンが存在します。

旧社名は住友スリーエムで、住友電気工業と日本電気(NEC)との合弁会社として1961年に設立されました。

スリーエムは、様々な製品を取り扱っており、その中にはスコッチテープに代表される粘着テープ、フィルム製品、カッティングシート、反射材、研磨材、接着剤などが含まれます。

また、事務用品の付箋紙であるブランド「ポスト・イット」や、家庭用スポンジのブランド「スコッチ・ブライト」、液晶画面の輝度上昇フィルムなどの知名度が高い製品も多く提供しています。

スリーエムジャパンの本社は東京都品川区にあり、資本金は9億6,000万円です。

売上高は3126億7900万円(2017年12月31日時点)で、事業内容は電気・電子/電力・通信製品、建築関連製品、自動車・交通/セキュリティ製品、工業用製品、業務用・オフィス・家庭用製品、ヘルスケア製品など多岐にわたります。

これらの情報から、スリーエムは幅広い分野で高品質な製品を提供するメーカーであると言えます。


商品カテゴリとラインナップ

カテゴリ一覧

最新レビュー商品紹介

まとめ

結論としては、現時点で調査している範囲では、

このメーカーは期待できるメーカーです。(B推し)

スリーエム(3M)はアメリカの会社で、

独自のホームページを持っており、ネット上での活動がされていることが確認できました。

あなたのお買い物体験の参考になったら嬉しいです。


この記事を書いた人

CloudSEは、SIer→社内SE→フリーランスと転職を繰り返してきたシステムエンジニアです。

小売や流通系のシステムを開発運用した経験から、メーカー情報や商品の情報、ECサイトでのレビューを分析しています。

約20,000商品・450メーカーの情報をインターネット調査しているCloudSEが、忖度なしで分析・評価を行っています。